納貯法施行65周年記念式典を開催

全国納税貯蓄組合連合会

 納税貯蓄組合法施行65周年記念式典、全納連青年女性部第8回全国大会が全納連主催、関東信越国税局管内納税貯蓄組合連合会主管、国税庁後援により、11月25日、さいたま市のパレスホテル大宮で盛大に開かれた。
 当日は迫田英典国税庁長官ら来賓と納貯の役員、青年女性部員約500人が参加した。
 全納連の瀬古澤拡副会長の開会のことばに続いて、新井進全納連会長が式辞を述べた。新井会長は式辞で「私たちは、情熱と信念と大いなる誇りを持って、これからもゆるぎない納貯を築き、納税道義の高揚確立に向かって進んでいこうではありませんか」と訴えた。
 式典では、永年にわたり、納貯の事業発展に尽くした顕彰者の代表3名に対して、新井会長が表彰状を贈った。
 続いて、関信局連の島岡宏明青年部長が「納貯法65周年を契機に納貯組合の必要性を訴えながら、今後とも一人でも多くの仲間づくりをしていきたい」と意見発表を行った。
納税貯蓄組合は中学生の「税についての作文」を募集しており、本年度の優秀作品に入賞した三芳町立藤久保中学校3年生の鈴木佳音さんと学校法人佐藤栄学園栄東中学校1年生の山田一葉さんが作文を朗読した。作文は身近な生活を通じて税の大切さを述べており、参加者の感動を呼び起こした。
大会宣言では、瀬古澤関信局連会長が「自主財源確保に必要な会員名簿の明確化と、会費制導入等の組織改革を通じて活性化を図る」と宣言した。
最後に、迫田国税庁長官、上田埼玉県知事(代理)の祝辞があり、第1部の記念式典を終了した。
第2部の記念講演では、女流棋士の矢内理絵子さんを講師に招いた。矢内さんは自分の経験に基づいて、「将棋にも人生にも決断力、直観力、判断力、先を読む力などが必要」と熱く語った。
第3部の祝賀会では、納貯関係者が一体となって、楽しい会話が続いた。
 (写真は盛大に実施された記念式典)

IMG_0283.JPG

投稿日:

平成28年度 作文の最終審査会を開く

内閣総理大臣賞などが決定

 全納連と国税庁が共同で実施している中学生の「税についての作文」の最終審査会が、全納連、国税庁のほか総務省及び後援団体である日本税務協会など4団体の関係者が出席して、10月28日、東京都内で開かれた。
 当日の審査で、内閣総理大臣賞、総務大臣賞、財務大臣賞、文部科学大臣賞がそれぞれ1編、国税庁長官賞40編、全国納税貯蓄組合連合会会長賞40編、一般財団法人日本税務協会会長賞、一般財団法人大蔵財務協会理事長賞、日本税理士会連合会会長賞、公益財団法人全国法人会総連合会長賞のそれぞれ12編が決定した。
 また、全国納税貯蓄組合連合会優秀賞も同時に決定した。
 これらの全国賞については、同日中に、局連、都道府県連に速報として、お知らせした。
 なお、本年度は7,467 中学校から629,534編の応募があった。(写真は審査会で挨拶する新井進全納連会長)

20161102.jpg

投稿日:

中学生の「税についての作文」審査に大学生が参加

長崎県納税貯蓄組合連合会

 長崎県納税貯蓄組合連合会(園田忠義会長)は9月30日、長崎市内で本年度の中学生の「税についての作文」審査を実施した。
 審査には、地区(署)連会長、青年部長、女性部長、税務署の担当官らが参加したほか、長崎大学経済学部の学生3人もボランティアとして参加した。大学生が作文審査に参加するのは、全国的にみても、きわめて稀なケースである。
長崎大学では、長崎県や各市町村、福祉施設などと協働して様々な地域行事やボランティア活動への学生の積極的な参加を支援しており、大学では、学生が協調性、行動力、積極性などを養うことを期待している。
長崎納連では、「学生が作文審査に参加することによって、税の教育効果が高まる」と話している。
(写真は納貯の役員と一緒に審査する大学生とボランティア募集のチラシ)

daigakusei-min.jpg

chirashi-min.png

投稿日:

平成27年度末の滞納税額は9,774億円

消費税は3,340億円

 国税庁はこのほど、平成27年度の租税滞納状況をまとめた。
 これによると、同年度の徴収決定済額は58兆1,523億円で、そのうち、新規に発生した滞納額は6,871億円である。この新規の滞納額と26年度から繰越された滞納額との合計額1兆7,517億円が滞納整理中となる。
 このうち、27年度は7,744億円を整理したので、全体の滞納税額は9,774億円となった。
 消費税(地方消費税を除く)の新規発生滞納額は、前年度より33.4%増の4,396億円となったが、滞納整理額も前年度より34.1%増となったので、消費税の滞納残高は前年度より、4%減少の3,340億円となった。

 ※各々の計数において、億円未満を四捨五入してあるため、合計が一致しないものがある。

投稿日:

若手経営者が単位組合を設立

北九州市の八幡納貯連に加入

 北九州市内の20歳から40歳までの若手経営者47人で組織されている一般社団法人北九州青年経営者会議がこのほど、「北九州青年経営者会議納税貯蓄組合」を立ち上げた。
 経営者会議は、経営者の一般的訓練、社会への奉仕などの活動によって、北九州市の未来を創造していくことを目的としている。
 このような活動を行っている若手経営者が納税貯蓄組合をスタートさせ、八幡税務署管内納税貯蓄組合連合会(加来典晴会長)に加入したことに注目が集まっている。
 加来会長は、「納税貯蓄組合は中学生の作文募集をとっても、マンパワーが不足しており、若い経営者の活動によって、納貯の活性化につながり、税の理解者になっていただくことで、優良経営者の輪が広がっていく」と歓迎している。
 北九州青年経営者会議納税貯蓄組合の活動が他の地域の納貯にも刺激を与えてくれるものと、大きな期待が寄せられている。
 なお、若手経営者納税貯蓄組合の設立は、「税のしるべ」(西部版)の7月25日号でも紹介された。

wakate.png

投稿日:

最近の記事

  1. 仙台北・中税地区納税貯蓄組合連合会が誕生
  2. 「税への理解を深める」ことを学ぶ
  3. 第59回 全納連定時総会開く
  4. 新井会長が「私の租税教育論」を月刊誌に寄稿
  5. 休会の地区(署)連が活動を再開
  6. 平成28年度 役員会、執行部会を開く
  7. 盛り上がった「納貯の日」の全国統一活動
  8. 「納貯の日」に税の期限内納付をPR
  9. 活性化モデル組合の租税史料室の見学と意見交換会を開く
  10. 執行部会を開く