本州最南端の町 串本町で宣言式

和歌山県新宮納税貯蓄組合連合会

 和歌山・新宮納税貯蓄組合連合会(島野 勝会長)は、串本町商工会と共催で、2月4日、「消費税完納推進」並びに「ICTを利用した申告・納税手続の推進」宣言式を開催した=写真。

 式中、串本町商工会長(須賀節夫会長)が、e-Taxやダイレクト納付に加えIDパスワード方式やスマートフォン申告、QRコードによるコンビニ納付など、年々多様化するICTを利用した申告や納税手続きを積極推進するとともに消費税の期限内納付達成を目指すことを宣言した。

 新宮納税貯蓄組合連合会では、毎年様々な団体と共催で宣言式を開催し、地域を挙げて消費税完納推進、ICTを利用した申告・納税手続きの推進を広く啓発する活動を行っている。

 当日は、石岡大阪国税局徴収部長をはじめ管内各町長や各団体の長の来賓ほか約80名が出席した。

投稿日: