東総連が研修会を開催

東京納税貯蓄組合総連合会(近藤忠夫会長)は、214日(木)、東京・上野精養軒で、藤城眞東京国税局長を講師に招き、研修会を開催した=写真。

藤城局長は「もう一つの歳入官庁~税関の課題と役割~」という演題で、講演した。

同局長の豊富な知識と経験に裏付けられた講演は、単に税の分野に留まることなく日本の将来像にまで及んだ。難しい話を易しく噛み砕いた講演は、100名を超える参加者の好評を博した。

投稿日: