FM放送を活用して『作文』を広報

熊本県納税貯蓄組合連合会

 熊本県納税貯蓄組合連合会(東秀優会長)から、このほど全納連に対して、FM放送を活用して、平成29年度「中学生の税についての作文」の生徒による朗読放送を行った旨の連絡がありました。

租税教育を推進する有効な施策でありますので、納貯関係者にお知らせします。

 (1)放送局   熊本シティエフエム〔FM791〕
 (2)朗読放送日 平成29年11月13日(月)~11月16日(木)
 (3)朗読者(敬称略) 
    ○「資産と人を結びつける税」(熊本西税務署長賞)
     宮本 大貴(熊本市立出水中学校2年)
    ○つなぐ税(熊本県納税貯蓄組合連合会会長賞)
     後藤 賢世(熊本市立出水中学校2年)
    ○帰省で感じた心も支える税(南九州税理士会会長賞)
     中山 夢香(熊本市立西原中学校2年)
    ○助け合いの社会に(熊本県納税貯蓄組合連合会会長賞)
     松村 直紀(熊本市立東町中学校2年)

 朗読放送終了後は「作文に感動した」、「税について考えを改めた」など大人の声が寄せられました。全納連では、作文朗読も推進しており、FM放送での広報活動が広がることを期待しています。

投稿日: