執行部会、役員候補者選考委員会を開く

全納連

 全国納税貯蓄組合連合会は2月16日(金)、東京・上野精養軒で執行部会=写真=と役員候補者選考委員会を開いた。

IMG_0552.JPG#asset:320

 当日の執行部会の議題は

 (1)平成29年度全納連事業の経過報告
 (2)平成30年度事業計画(案)骨子について
 (3)全納連規約改正等検討小委員会の答申に基づく「全納連規約改正」及び「役員

候補者選考委員会規約改正」等について

   ①全国納税貯蓄組合連合会の規約改正(案)
   ②全納連役員候補者選考委員会規約の改正(案)
   ③全納連役員候補者選考委員会運営要綱(案)
   ④全国納税貯蓄組合連合会の会費に関する規程の一部改正(案)

 であり、いずれの議案も了承され、来たる5月8日に開かれる役員会に提案されることとなった。

 また、6月18日の全納連定時総会と併催される「全納連創立60周年記念式典」及び11月28日、名古屋市で開催される「納税貯蓄組合セミナー&シンポジウム」の概要について事務局が説明した。

 執行部会の会議資料は近く、全納連から局連合会、都道府県連合会に送付されるので、都道府県連合会は地区(署)連に周知することとなっている。 

 役員候補者選考委員会では、上原進委員長に代わって、新しく、藤波一博委員(関東信越国税局管内納税貯蓄組合連合会)を委員長に互選した。

 また、全納連青年女性部協議会が推薦する全納連理事枠をこれまでの6名から12名に拡大した。

投稿日: