「4月10日」は『納貯の日』
銀座で税の期限内納付と「納貯の日」を PR

東京・京橋納税貯蓄組合連合会

 東京・京橋納税貯蓄組合連合会(小嶋博次会長)は4月9日、「納貯の日」のキャンペーン活動として銀座で街行く人に「税の期限内納付」を呼びかけた。
 当日は、小嶋会長、秋本達雄専務理事ら納貯役員のほか、金田好広京橋税務署長、中央都税事務所、中央区役所、東京税理士会京橋支部などの関係民間団体からも総勢30人が数寄屋橋公園に集まり、税のオールキャストがそろった。
 関係者は、「税のお知らせです」「チラシに目を通してください」など街の人に呼びかけながら、消費税を説明したチラシ、納期内納税勧奨のチラシ、5月が自動車税の納期にあたることから、自動車税のチラシ、ポケットティッシュなどを配った。
 また、「タペストリー」を作成し、納税啓発塔「銀の門」に掲示した。タペストリーには「納税貯蓄組合は、納税資金の備蓄を通じて、租税の期限内納付を推進することを目的として設立された団体」と言う文言が刻まれている。
 タペストリーによるPRは全国的にも珍しく、人々の目を引いている。
 (写真はPR活動に参加した関係者とタペストリー)

※納税貯蓄組合法は昭和26年4月10日に施行されました。全国納税貯蓄組合連合会では、この日を「納貯の日」と定め、全国の納税貯蓄組合連合会に税の期限内完納運動や研修会、座談会などの開催をお願いし、税の広報活動によって、地域社会と納税貯蓄組合との連携に努めております。

投稿日: