埼玉・朝霞納連で軽減税率の研修会開く

 全国の納税貯蓄組合は来年10月から実施される消費税の軽減税率制度の研修会を行っている。
 埼玉・朝霞税務署管内納税貯蓄組合連合会(梅澤佑嘉会長)でも、5月29日、朝霞税務署法人課税第一部門の深津教幸統括国税調査官を講師に招いて、軽減税率を学んだ。
 この研修会は同納連の定例総会に先立って開いたもので、国税庁作成のパンフッレト「よくわかる消費税軽減税率制度」を教材に説明を受けた。
 梅澤会長は「今後少しずつ情報を得て更に理解を深めていきたいと思います」と話している。                      

投稿日: