第62回(令和元年度)定時総会を開く

全 納 連

 全納連は6月18日、東京・上野精養軒で第62回定時総会を開いた=写真上。総会には総務大臣代理として稲岡伸哉税務担当審議官、藤井健司国税庁長官ら来賓と全納連役員及び代議員90人が出席した。

当日の議題は次のとおり。
第1号議案  平成30年度全納連事業の経過報告について
第2号議案  平成30年度決算報告及び会計監査報告について
第3号議案  令和元年度全納連事業計画(案)について
第4号議案  令和元年度収支予算(案)について
第5号議案  「全納連顕彰規程」の制定について
第6号議案  令和元年度全納連役員の改選について
【報告事項】
 ・解散した地区(署)連の再構築について

 全ての議題が原案どおり承認された。

 役員改選では、全納連副会長の飯島賢二氏が新会長に選任された。同会長は就任に当たって「全納連のこれまでの事業を踏襲しながら、時代に適応した会務運営に努めるとともに、楽しい納税貯蓄組合づくりに心掛けたい」と決意を述べた=写真下。

 ※定時総会の議案書は近く、局連、都道府県連、地区(署)連に各一部送付します(地区(署)連には都道府県連を通じて送付)。

投稿日: